アニメキャラクターのプロフィール

通称:ハゲマント

種族:ヒト

性別:男性

年齢:25歳

身長:175cm

体重:70kg(154ポンド)

居所:

Z市のゴーストタウン(サイタマのアパート)

Z市 (寂れたアパートの建物) (元)

能力:

比類のない戦闘力。

超自然的な反射神経および五感。

不死身。

不屈の意志。

残像を発生させる。

衝撃波を発生させる。

非物理的なやり取り。

職業:ヒーロー

パートナー:ジェノス(弟子)

サイタマは無頓着な人間です。どんなに強い相手でも気にすることはありません。そのため、つらいことばかりを経験し、自分に挑戦してくれるライバルを切望しています。戦う価値のありそうな相手がいないことから実存的危機を経験し、そのせいであらゆる感情を感じる能力が大きく損なわれてしまったと考えています。

その態度、圧倒的な強さ、そしてある意味「見事な」容姿とが混ざり合って、その戦いはしばしば拍子抜けするような形で終わってしまいます。サイタマは通常、最強のフォームを持つ対戦相手に対し、まずその動機やパワーを萎縮させてから一撃を食らわせます。

ただ、長い説明を聞くのが嫌いで、相手の話が終わるまでに相手を一蹴することもあります。最適な語数は20語以下のようです。

Death-Parade-analysis-scaled
unnamed

サイタマは人の顔や名前を思い出すのが苦手です。それは冗談のネタになるくらいで、ソニックの名前を忘れてしまったり、タンクトップ・タイガーが誰なのか思い出せない、ということもありました。人の名前を間違って呼んでしまい、その人を困らせてしまう、ということも少なくありません。

サイタマは、驚くほど謙虚な男でもあります。深海王に頑張って立ち向かい敗れていったヒーローたちに信憑性を与えようと「ヒーロー達が敵を弱らせてくれたおかげで自分が手柄を横取りできた」と言って、わざと大衆を敵に回したこともあります。

警察署でも同じように、ヒーローとして名声を高められる機会であるにも関わらず、警察官に扮して怪人を倒します。深海王が自分の功績も認めてくれたときも、気にしませんでした。